孫 正義のプロフィール・経歴・著書

人物名鑑ネット 人物名鑑

プロフィール

名前孫 正義(そん まさよし)
生年月日1957年8月11日
出身地佐賀県
学歴カリフォルニア大学バークレー校卒業

人物について

 
在日韓国人実業家の二男として、佐賀県鳥栖市の朝鮮人集落に出生。4人兄弟でした。幼少期は出生地でもある佐賀県鳥栖市の朝鮮人集落で幼少期を過ごしていましたが、決して恵まれた環境ではなく、差別も経験するなど楽しい思い出だけではありませんでした。

今ではなかなか考えられないことですが、豚や羊と一緒に生活するなど大変貧しく、かつ不衛生な場所でありました。しかし、父親の事業が成功し、高級車を何台も保有するほどの裕福な時期もあったこともあるなどなかなかに波瀾万丈であったそうです。

緑ヶ丘・第二幼稚園から北九州市立引野小学校に入学。福岡市立城南中学校に転入後、1973年には久留米大学附設高等学校に入学します。高校へ入学してからは、司馬遼太郎の小説『竜馬がゆく』を愛読し、脱藩に憧れて渡米を決意するなど行動力が目覚めます。

そして夏休みを利用して米国カリフォルニア州にて語学研修のため4週間の短期留学を経験。1974年には久留米大学附設高等学校を中退し、渡米し米国ホーリー・ネームズ・カレッジ(英語版)の英語学校 (ESL) に入学。米国サンフランシスコセラモンテ高等学校の2年生に編入後は3年生、4年生へと飛び級するなど優秀な成績をおさめます。

高校卒業検定試験に合格し、高等学校を3週間で退学。翌1975年には米国ホーリー・ネームズ・カレッジに入学。1977年にカリフォルニア大学バークレー校経済学部の3年生に編入と、さまざまな場所で学んだそうです。そしてこれらの経験こそが今後の糧になっていきます。

主な経歴

1979年(昭和54年)
シャープに自動翻訳機を売り込んで得た資金1億円を元手に、米国でソフトウェア開発会社の「Unison World」を設立します。当時空前の大ブームとなっていたインベーダーゲーム機を日本から輸入。

1980年
カリフォルニア大学バークレー校を卒業し、学位は経済学士でした。そして日本へ帰国すると、会社を設立するために福岡市博多区雑餉隈に事務所を構えます。

1981年(昭和56年)
福岡市博多区に事務所を移すと、コンピュータ卸売事業の「ユニソン・ワールド」を。そして福岡県大野城市に「日本ソフトバンク」を設立。1983年に慢性肝炎で入院することになり、社長職を退き会長になります。その後、1986年をもって社長職に復帰しました。

1990年(平成2年)
ソフトバンク株式会社に社名変更し、1994年にソフトバンク株式会社の株式を店頭公開します。1996年には米ヤフーとソフトバンクの合弁でヤフー株式会社を設立。同年、衛星放送プラットフォームの運営会社としてジェイ・スカイ・ビー(JスカイB)を折半出資により設立し社長に就任します。

2001年(平成13年)
ヤフー株式会社と共同でADSL接続サービスの「Yahoo! BB」の提供を開始。これ以降、それまでのPCソフト卸、PC出版から通信に本業の軸足を移していきます。2004年には日本テレコム株式会社を買収し、同社代表取締役会長に就任し2006年10月には同社の代表取締役社長に就任しました。
さらに福岡ダイエーホークスと福岡ドームをダイエーから買収し、福岡ソフトバンクホークスのオーナーに就任。それに続けてボーダフォン株式会社(現ソフトバンク株式会社)を買収し、同社代表執行役社長兼CEOに就任しました。

そして今日も更なる活躍は続いており、実業家としてその名を馳せています。

SNSなど