佐野 陽光のプロフィール・経歴・著書

人物名鑑ネット 人物名鑑

プロフィール

名前佐野 陽光(さの あきみつ)
生年月日1973年5月1日
出身地東京都
学歴慶應義塾大学環境情報学部

人物について

東京都に生まれた佐野氏は、建設会社に勤めていた父親の転勤によって、小学校から高校時代までの間は海外で育ちます。シンガポールで8年、アメリカはロサンゼルスで4年間を過ごし、ロサンゼルスの高校を卒業します。帰国後は慶應義塾大学環境情報学部に入学し、同大学を卒業後は企業への就職はしませんでした。彼が選んだのは、自身の会社を設立するという道だったのです。

もともと、子どもの頃からモノに対する関心が高かった佐野氏。父親に買い与えられたコンピュータ「MSX」や、アメリカへ行く時も持って行ったという「FM77AV」など、早くから機器に触れる機会を持ち興味・関心が高かったそうです。アメリカで過ごした頃は機械類やコンピュータが好きでソーラーカー作りに挑むなど、知識を生かしてさまざまな挑戦に取り組んできました。

持っている知識や技術、これらは目的を達成するための道具にすぎない。その感覚を持ったのもこの過程を経たからこそ。日本へ帰国後も機械いじりは続いており、古いスバル360をバラバラにしてみたり、古いスクーターを電動にしてみるなど、そこからたくさんのことを学んでいきます。

今や誰もが知るお料理レシピサイト「クックパッド」が完成するきっかけは、佐野氏が長期間外国で暮らした経験からでした。不自由かつ不規則な食生活や生活習慣、これらを感じることによって佐野氏は「食の大切さや料理が家族を幸せにする」という信条を持つに至ります。

クックパッドが出来た当時は、料理のレシピをインターネットで探すといったことは当然ながら一般的ではありませんでした。しかし、今やネットで探すのが当たり前といっていいほど浸透・普及させた背景には、佐野氏のシステムに対する取り組みがあったからこそ。検索のしやすさ、レシピの豊富さなど使い勝手の良さにもこだわりが感じられます。

どうすればユーザーの生活をより豊かにできるのか、を考えながらサービスをつくっていく。パソコン向けサイト以外にも、携帯電話用サイトなど使いやすさが追求されています。アプリケーションも充実させるなど、ユーザー目線で考えられたサービスは人気を集める理由のひとつでしょう。佐野氏の理想を追い求める姿勢はこれからも続いていきそうです。

主な経歴

1997年
慶應義塾大学環境情報学部卒業。卒業後は就職せず起業を目指し、同年10月、クックパッドの前進となる「有限会社コイン」を設立します。当時のオフィスは、神奈川県藤沢市のアパートの一室でした。

1998年3月
料理レシピの検索・投稿インターネットサービス「kitchen@coin」を開始しました。

1999年6月
「kitchen@coin」から「クックパッド」へサービス名を変更します。

2004年9月
「有限会社コイン」から「クックパッド株式会社」へ組織変更し、正式に株式会社となります。

2009年7月
東京証券取引所マザーズへ上場しました。

2010年3月
米国カリフォルニア州に子会社「COOKPAD Inc.」を設立。2011年5月にはシンガポールに、子会社「COOKPAD PTE. LTD. 」を設立します。

2011年
東京証券取引所1部に市場変更しました。

2012年3月
佐野氏は取締役兼代表執行役社長を退任、取締役兼執行役へ就任します。これを機に、今後は世界展開事業に専念することを発表。

2016年3月22日
佐野氏は執行役から取締役となりますが、24日に取締役兼執行役へ復帰します。

2016年10月 – 「クックパッド」のレシピ投稿数が250万品を突破しました。

主な著書

SNSなど