三木谷 浩史のプロフィール・経歴・著書

人物名鑑ネット 人物名鑑

プロフィール

名前三木谷 浩史(みきたに ひろし)
生年月日1965年3月11日
出身地兵庫県
学歴一橋大学商学部卒業、ハーバード大学経営大学院修了

人物について

1965年、兵庫県神戸市生まれ。6歳までを神戸市垂水区にある神戸商科大学職員住宅に住んでいました。7歳の頃、父親がイェール大学研究員に就任したことから家族で渡米、2年余りをアメリカで過ごします。帰国後は兵庫へ戻り、アメリカ合衆国の小学校から明石市立松が丘小学校へと転入します。勉強にもあまり興味が持てず、そのまま中学校へ。

小学校を卒業し、全寮制の中高一貫教育である岡山白陵中学校へ入学。実家を離れひとり岡山で寮生活を送るのですが、そこでの成績はクラスでビリから2番目。またスパルタ教育ともいえるほどハードな生活であり、それが原因でノイローゼとなり2年の時に退学します。実家へ戻り地元の明石市立朝霧中学校へと転校しますが、この経験こそが今後の糧となりこれにより奮起したと語られています。

その後兵庫県立明石高等学校へ入学。高校時代はテニスに打ち込み、ジュニア関西ベスト16入りも経験します。そして高校卒業後は一年間の浪人生活を送り、その後一橋大学商学部へと入学します。大学時代もテニスを続け、体育会テニス部主将もつとめます。卒業後には日本興業銀行(現在のみずほ銀行)に入行しますが、入社後もテニス部に所属し汗を流したそうです。

主な経歴

1988年(昭和63年)
日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行。名古屋支店を経て、本店外国為替部配属となります。

1991年(平成3年)
ハーバード大学に留学。これは同期のなかではじめてであり、この渡米生活によって起業家への夢が芽生えたそうです。

1993年(平成5年)
MBAを取得します。企業金融開発部で国際的なM&Aの斡旋を担当するなど行内でも活躍していました。

1995年(平成7年)
阪神・淡路大震災によって故郷である神戸が瓦礫の山となるなど美しかった街並が奪われ、自身の叔父叔母を喪ったことにより人生観へ大きな影響を与えます。これにより以前より胸に秘めていた起業の想いを確かにし、決意します。

1996年(平成8年)2月
株式会社クリムゾングループ代表取締役社長に就任します。

1997年(平成9年)
2月7日 クリムゾングループで稼いだ6000万円を元手に、株式会社エム・ディー・エム(現・楽天)を設立しました。

2002年(平成14年)5月
株式会社ネクスト取締役就任。6月26日、カルチュア・コンビニエンス・クラブ取締役就任。8月、楽天トラベル株式会社代表取締役就任。多岐に渡り活躍されています。また、アメリカの経済誌「フォーチュン誌」にて若手富豪ランキング6位にも選ばれるなど海外からも大変注目を集めます。この当時より3000億近い資産を有していたとされます。

2003年(平成15年)
「神戸に社会貢献したい」と、Jリーグ・ヴィッセル神戸をクリムゾングループを通じて買収し、プロスポーツチームのオーナーとなります。

2004年(平成16年)
ライブドアに続いてプロ野球への新規参入を意思表明。株式会社楽天野球団(球団名は東北楽天ゴールデンイーグルス)を設立し、本拠地を仙台市に置くことを決めます。11月2日、 プロ野球オーナー会議の最終審査によってライブドアとの競争に勝ち、楽天野球団の参入が正式承認されプロ野球球団のオーナーに。プロ野球とJリーグのオーナーを務めたのは三木谷氏が初めてでした。

2018年(平成30年)6月
紺綬褒章受章されました。

主な著書

  • たかが英語! (2012年6月27日/講談社)
  • 成功の法則92ヶ条( 2012年8月2日/幻冬舎)
  • 楽天流(2014年10月10日/講談社)

SNSなど